2016年02月09日

第四回 AK祭り ファイナル 使用可能銃の案内

毎度話題になり様々な意見が出てくる「AK祭りに持ち込んでいい銃の種類」について。

メインの告知記事からリンクされている【ルール・レギュレーション】http://akfeast.militaryblog.jp/e613389.html の中で触れている使用可能銃について、ちょっと掘り下げます。

第一回開催当時「出るわけない」と笑われていたVSSやSVUがその辺のお店に並んでます。
すごい時代になったもんです。


使える銃は基本的にカラシニコフ・ライフルです。

ただ、これを厳密に守ると使える銃が少なくなってしまいます。

【AK祭り】は「AKだけ」にするか「あれもこれもOK」にするかは第一回の時に悩み、「あれもこれもOK」をとりました。

細かく「あれもAKだろう」とか「これはAKではない」とか決めていくと
ライセンス生産品はどうとか生産国でアレはダメこれはダメとか線引きをするのが大変面倒臭いです。主催が。

AK好きのお祭り…ということで、かなりゆるい縛りにします。


AK47、AKM、AK74、AK100シリーズとそのバリエーションを基本に、マルイの架空銃やAKをコピーした他国生産品もOKです。

Wikipediaの「AK47」記事「各国で生産されたAK」を参考にしてください。
ここに記載されているモデルはざっくりOKとします。
イスラエルのガリルやルーマニアのPSLとかセルビアのM21とか入ってますがOKです。




RPKやPK、SVDのような「AKではない」銃も「可」です。

同じようにAN94、OTS-14、サイガ、VSSやAS-VAL、SR47、MASADA AKMも「AKではない」銃ですが「可」とします。

お祭り騒ぎのイベントなので、堅いこと言わず、言われても気にせず、楽しんで帰っていただけたらと思います。
  
タグ :AK祭り


Posted by 岬 at 09:30Comments(3)第四回